ブログ

キャット★ウオーズ ~おっちょこちょい植木屋の6ヵ月戦争~

第3話
すったもんだの挙句、何とか小鉄は落ち着きを取り戻し、ベッドで寝ていたので安心していました真顔
しかし、それは突然玄関の方から聞こえてきたのです。
「ア〜ゴウ〜っ!ア〜ゴウ〜っ!」
えっ!何っ?滝汗
見に行くと小鉄が鳴いているのです。
「ア〜ゴウ〜っ!ア〜ゴウっ!」
何とも言えない、嫌な気持ちにさせられる鳴き声、鳴き方なのですショック
「どうした?どうしたの?小鉄?」
すると2階に上がって行き、階段の上で・・・
「パ〜〜ゴスっ!!パ〜〜ゴスっ!!」
ホントにこんな感じですポーン
喋ってるみたいなんです。
もうビックリしました。滝汗
パゴスって・・・
怖い・・・
すんげぇ〜怖い・・・
悪魔だ!まだ去っていなかったんだ・・・
映画「死霊館」シリーズ等、悪魔映画好きな
私は、当時結構本気でそう思ったものでした。
それからもしばらく、彼的に多分、要所要所で
その2種類の鳴き方を出す日々が続きました。
そして、やはり外っ!外っ!外出せーっ!あせる
叱る訳にはいかないし・・・
私が我慢すれば済む問題ならはまだ良いのですが、
とにかく見ていて可哀想で・・・ショボーン
凄く哀しそうに鳴くんです。
その頃は毎日悩んでいました。
追い詰められた私は、2つの案を考える様になりました。
ひとつは元の場所に戻した方がいいのか?
もうひとつは半外猫にするか?
1つ目の案は、実際そうなったと想像すると、毎日気になって見に行かずにはいられないだろう?
食い意地凄いから、団地のおじさんに餌やりをお願い
して、定期的にフード等、持ってかなきゃなぁ、とか。
そして何より野良猫あるあるの、車に轢かれて死んだ、なんて事があった日にはどれだけ
後悔するだろう?
いや、でもそれは私の勝手な考えであって、もし小鉄が喋れたら「いや、僕はここで不自由に暮らすよりも、楽しく、自由に、太く短く生きたいニャー🐱
車に轢かれたらそれはそれで運命ニャー🐱」
とか言うかもしれない。
どうしたらいいんだろう?ショボーン
ホントに困ったニャ〜
〜つづく〜
キャット★ウオーズ ~おっちょこちょい植木屋の6ヵ月戦争~ はコメントを受け付けていません