ブログ

防草対策の新たな手段に人工芝を敷いてみました

今回は我が川崎造園、新たな試みのお仕事をご紹介させて頂きます。

数年前からお庭の管理をご依頼頂いている、西東京市のお客様から

「雑草対策として人工芝を張りたいと思うのですが、お願いできますか?」

との質問。

実は私、人工芝は扱った事がありませんでした。

なぜなら、人工芝に良いイメージが無かったのです。

名前通りいかにも人工的な見た目ですし、土の上に敷けば水はけも悪くなる。

そんな理由から防草対策には防草シートを敷き、その上に砂利、または

バークチップ等を敷く事をお勧めしてきました。

実際今年の初めにご連絡頂いた、新規のお客様の人工芝敷き工事のご依頼は

お断りさせて頂いた覚えがあります。

しかし、今回は毎年お世話になっているお客様。

「よし、やってみよう!」

という気持ちになりました。

そのお客様にお聞きしていたのですが、調べてみると人工芝の見た目の良さに

驚きました。

「知らない間にこんなに見た目も、質も良くなっていたのか!」

手ごたえを感じた私は施工方法を調べ、準備万端!

そして、作業当日を迎えたのです。

作業前はこんな感じです。

細かい雑草も取り除き、敷き石を撤去。

更に敷き石を撤去した場所に土を足し、整地し、しっかり踏み固めます。

そして、切る必要のある部分は切りつつ、人工芝を張ります。

長くなるので省略しますが、人工芝は下にテープで固定され、なおかつ

ピンで固定されています。

さあ、作業終了です。

うん、なかなかイイですね。

これからは人工芝もおススメしていこう!

場所的に合う、合わないもありますし、あまり水はけの悪い場所は

やめた方がとか、どこにでも、という訳にはいきませんが、

選択肢の一つではありますね。

雑草対策に人工芝をお考えのお客様はこちらまで!

防草対策の新たな手段に人工芝を敷いてみました はコメントを受け付けていません