Blogブログ

担当したお客様のお庭や植木、その他剪定のこだわりなどブログでご紹介します。

コニファー類は出来るだけ小さくしておきましょう

今回は西東京市のお客様のお宅のコニファーの刈り込み作業のご紹介です。

コニファーと言ってもピンとこない方が多いと思いますが、大きく言うと針葉樹の総称です。

日本の樹で言うと、マツやスギ、ヒノキ、マキ他たくさんあります。

ただ、私達植木屋は、主に北米原産の針葉樹の事を言う時に使う事が多いです。

ゴールドクレスト、エメラルドグリーン、ヨーロッパゴールド、ブルーヘブン等、多種多様です。

剪定方法としては、私は刈り込んで形を整える事がほとんどです。

そして、このコニファー、気を付けなければならないのが、非常に成長が早い物が多いという事です。

更に、大きくなりすぎたからと言って、常緑樹や落葉樹の様に簡単に小さく出来ないのが難点なんです。

ですから、いつも出来るだけ小さくしておく事がポイントです。(それでも年々少しずつ大きくなります)

比較的新しい住宅街の、道路沿いの植栽スペースにこのコニファーが植栽されている事が非常に多いですが

何年も伸ばしっぱなしにされているお宅がホントに多いです。

毎年刈り込み作業をさせて頂いていても、こんな感じです。

ちなみにこの樹はゴールドライダーというコニファーです。

そして、なるべく深く刈って形を整えます。

こうして、一年に一回は刈り込む事をお勧めします。

コニファーの刈り込みならこちらまで!

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事