Blogブログ

担当したお客様のお庭や植木、その他剪定のこだわりなどブログでご紹介します。

夏場に弱い枝垂れ紅葉を軽めの透かし剪定

こんにちは。

前回お話ししましたが、樹木には暑さに弱い樹、寒さに弱い樹、

いろいろな樹があります。

元々、暖かい場所原産なのか、寒い場所原産なのか、という事ですね。

私が観ている限り、常緑樹に寒さに弱い樹が多く、落葉樹に寒さに強い樹が多いですね。

逆に極端に言えば、常緑樹は暑さに強い、落葉樹は暑さに弱いものが多いと言えますね。

先日は数年前からご依頼頂いている、西東京市のお客様のお宅の、

シンボルツリーである、シダレモミジを剪定させて頂きました。

かなり成長のイイ、元気な樹です。

しかし、先日お話しさせて頂いた様にモミジは夏前はあまり強く切りたく

ありません。

のこぎりなど使おうものなら枯れこんでしまう事も多いのです。

ですから、かなり加減してあげます。

あ、大事な事をお話しするのを忘れていました。

ただそれも、このお客様はまた葉が落ちてから冬にもう1度ご依頼頂けるという

前提があるので、出来る事です。

また1年後に剪定ではもっと切らなくてはいけません。

その場合は事情を説明させて頂いてから普通に切るか、時期をずらすことを

お勧めさせて頂きます。

そして

植木屋さんでもそれぞれでしょうが、私は去年あたりからこのくらい

加減する様にしています。

通常の半分くらいしか切っていない、と言ってもいいかもしれませんね。

でも夏、夏前はこれくらいでイイと思います。

モミジの剪定ならこちらまで!

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事